羽アリが発生する時期は種類によって違いますが4月から7月くらいのジメッとした雨が降って翌日晴れた日に発生しやすいです。
そして発生するのはたちが悪いことにウジャウジャと湧き出るように大量に発生するのが特徴です。
アリに羽が生えている理由は、

巣離れをして新しい住処へ移るためです。
一斉に飛び立つ為に大量に発生します。

通常アリは、地面を歩いて生活をしていますが、巣離れと交尾の為に羽が生えてきます。1つの巣に何千匹も生活しているアリは、成熟すると、旅立ちの時を迎えて、新たに新しい巣を作るために、大量発生します。

羽アリの種類

白アリか黒アリの羽アリなのかを見分ける!

まずイラストをご覧ください!

シロアリ1

シロアリの羽アリの特徴 普通の羽アリの特徴
胴にはくびれがなくずん胴型 くびれがあり胴に境界線がある
羽の大きさはすべて均等 前の羽が大きく後羽が小さい
発生時期は4月から7月(梅雨以降は発生しない) 6月から11月頃と長め
触角はまっすぐ 触覚はくの字に曲がっている

 

羽アリが発生しやすい環境は、雨の日の後の湿度の高い晴れた日に分家するために飛び立つことが多いです。

株式会社 緑商では、専門のスタッフによるシロアリの無料点検を受け付けております。
所要時間は、1時間程度で床下の状況等をご報告させていただきます。お気軽にお問い合わせください。