アメリカシロヒトリの特徴と生態

幼虫の特徴

弊社に寄せられる被害のほとんどは幼虫時によるものです。

【体形】

細長い円筒形(30ミリメートル前後まで成長)頭部は黒色、胴部は淡黄色。成長するにつれ灰黒色を帯びてきます。

【生態】

卵は卵塊として葉の裏に数百個産み付けられ、白色毛で覆われます。

(クモの巣に似ている)幼虫は、ある程度糸を張って集団で生活をし、その後は分散し、葉の食害や、家屋の壁面を這うなどの不快な行動を引き起こします。

通常、年2回発生し、1化期は6月上旬~7月中旬で、2化期は8月上旬~9月中旬となっています。

これは気象状況等により発生時期がずれることもあります。

特に、2化期(1年で2回目の発生)の幼虫が現れる9月頃に、もっとも被害が大きくなります。

【越冬】

樹幹の割れ目や樹皮の隙間、エアコンの室外機の影など、風雨がある程度防げる場所に潜りこんで蛹(さなぎ)になります。

成虫の特徴

雄:約14~15ミリメートル

雌:約15~16ミリメートル

体色…全体的に白色であるが、翅(はね)には多数の灰黒点を生じます。

葉の食害を受けやすい植物

食性は広いが、市内では特に、クワ、クルミ、サクラ、プラタナス、ヤナギ、柿など、食害される植物は100種以上が知られています。

食害をされると、葉が枯れたような状態になります。
駆除は早期に行うことが好ましく、幼虫はクモの糸が絡んだような袋状の巣を作って集団で生活しており、また、葉の表皮部だけを残し食害するため葉が白く見え、これが発見のポイントになります。
幼虫は6月~9月頃にかけて年2回発生するので、この時期に確認し、弊社にご連絡下さい。ご連絡後、被害状況と木の大きさなどを確認させていただき、お見積もりさせていただきます。

022